水没しても修理は可能?愛用のiphoneは専門業者に直してもらおう!

携帯端末は水没トラブルが多い

生活必需品と言えるほどに広く普及した携帯端末ですが、どこにでも持ち運びができる利便性の高さの一方で様々な破損トラブルに遭いやすい欠点もあります。中でも水没トラブルは修理不能なまでに壊れてしまう可能性が高いので注意が必要です。水没した端末は水濡れによって漏電が発生し、それが故障の原因になります。そのため、まずは電源を切って電気が通らないようにすることを忘れてはいけません、カバーやアクセサリー、SIMカードのすき間に水が入り込むこともあるので速やかに取り外します。水没した端末は外観に異常が無くても内部に大きなトラブルが生じている可能性があります。素人では判断ができないので速やかに修理業者へ持ち込むことを忘れてはいけません。

専門業者が行う水没iphoneの修理作業

iphoneなどの携帯端末が水没した際の修理作業は基板を含む部品の交換が主になります。一度でも水濡れが生じた部品は乾燥させても故障する恐れがあるためです。また、保存されていたデータも破損していることが多いので復旧はほぼ不可能と言えます。そのため、日頃からこまめにデータの保存を行うのが不測の事態への備えと言えます。水没iphoneの修理費用は正規店なら安くても数万円以上かかり、非正規店でも1万円以上はかかってしまうのが普通です。多くの部品を交換する他、端末の乾燥や機能チェックに手間がかかってしまうためです。場合によっては新しい端末に買い替えた方が安く済むこともあるので慎重に判断しなければいけません。

iPhone修理をapple経由以外で行うとapple正規でのアフターサービスが利用できなくなりますので、留意しておくとよいでしょう。