想像以上に怖い?ネット炎上には気をつけよう

炎上とは何なのかなぜ起こるのか

近年、「ネット炎上」という言葉をテレビや新聞などでよく聞くと思います。炎上というのは、snsやブログなどにアップロードされた不適切な写真や発言が急速に拡散し、それに対してコメント機能や掲示板に非難や誹謗中傷コメントが殺到する現象をいいます。「自分には無関係だ」と思っている人も多いですが、インターネットユーザーならば、誰でも対象者になる可能性があり、個人だけでなく企業も炎上してしまった事例があります。まるで火が燃えあがっているという比喩で表現された言葉で、インターネットが発達した時代だからこそ起きる現象です。一度炎上が起きてしまうと、個人情報が特定されたり、嫌がらせを受けたりして、人生が大きく狂ってしまうこともあります。本来、ブログやsnsというのは人とのコミュニケーションを楽しむために使われますが、一歩間違えると大変な事態を招くことにつながるので注意が必要です。

どうすれば炎上せずに済むのか

現在、ほとんどの人がインターネットを利用しており、簡単に情報を発信できるようになりました。便利な面もあるのですが、炎上などの問題も起きています。ネット炎上が起きるだけで、想像以上のダメージを受けることになるかもしれません。ならば、炎上しないようにするにはどうすればいいのでしょうか。それは「これを投稿したら炎上するだろうか」と常に考え、警戒を怠らないことです。炎上する人というのは警戒心が薄く、自分の投稿が日本中の人に見られているという自覚がありません。ネット投稿を行う人は、高い意識を持ち、節度ある使い方を心がけましょう。

炎上対策を怠ると顧客からの中傷被害を受け、サイト運営の困難に繋がる可能性があります。対策として「一時期、更新情報に別ニュースを掲載する」といった方法はおすすめです。