人には誰でも知られたくない情報がある

自分の年収や体重を誰でもわかるように公開したい人は少ないでしょう。また、見知らぬ人に住所や電場番号を教えることはあり得ません。このように、人には誰でも知られたくない情報がたくさんあるのが一般的です。そのため、日々の生活を送るうえでは、プライバシーを意識した行動を取るようにしましょう。プライバシーを守ることに年齢や性別、国籍は全く関係ないので、子供だからといって自由に何でも質問して良いわけではありません。また、友達や家族といった間柄であっても、プライバシーは存在していることも理解すべきです。特に、自分の子供や親であればその他の関係よりも近いのは事実ですが、近いからこそプライバシーは守られるべきです。

プライバシーを守ってインターネットを利用する

人と会話をしたり、一緒に過ごしたりする場合はお互いにプライバシーを意識しているため、秩序は保たれている状態です。しかし、インターネット上では直接会話をすることがないですし、人と関わることが少ないです。そのため、プライバシーを守っていない行動をしてしまう場合があります。たとえば、人のブログに容姿や行動を特定するようなコメントを残したり、実在する人を装ったりしてしまうと本人や信じてしまった人に迷惑をかける可能性があります。ですから、インターネットだからといって好き勝手に行動するのではなく、現実の世界で過ごしている時の同じようにプライバシーを意識することによって、誰でも気軽に利用できる環境になります。

住所・氏名・金額など見られたくない物がたくさんあります。そんな時はシュレッダーにかけると情報がわかりません。機種によってはカードやDVDなどもバラバラにする事は可能なので処分の困るものに便利です。